等級を生かすための注意点

自分が乗っている自動車を、何らかの事情で譲渡するとします。この時、加入している自動車保険の譲渡も行うのが一般的です。その際に注意しておきたいポイントがありますので、紹介していきます。
まずは誰に譲渡するかという問題があります。基本的に譲渡できる対象となるのは、同居している家族・親族と決まっており、同居していることが最低条件となっています。
同居している配偶者とその家族は対象内です。自分の家族・親族も一緒に暮らしていれば問題なく引継ぐことができます。さらに詳しく述べると、6親等内の血族・3親等内の姻族は対象となるということです。
花07自動車保険を引き継ぐ場合には、保険料や補償内容もそのままの状態で引継ぎたいものです。同じ条件で引き継ぐことは可能ですが、7等級以上でなければメリットがありませんので、その点に注意が必要です。6等級未満の場合は、保険料が割増になり値上がりしてしまいますので、メリットが全くないのです。
車の譲渡は不要であっても、自動車保険だけ引き継ぎたいというケースがあります。その場合は、手続きが異なってくるので気を付けてください。このケースも同居の親族間でのやりとりが絶対条件となり、手段については担当者に相談するのが一番です。

コメント

コメントを受け付けておりません。